「ワイオミングの惨劇」トレヴェニアン

ワイオミングの惨劇 (新潮文庫)
トレヴェニアン Trevanian
4102139214「シブミ」「夢果つる街」と面白かったので手にしたこの作品。どれも作風が違っていて同じ作家が書いたとは思えない幅の広さ。

しかし好みの問題もあるだろうが、この作品は不愉快なシーンが多く、気分が悪くイマイチ。あと会話の口調が当時の表現を使っているのかもしれないけど、言い回しがウザい。前半は展開が遅くダラダラしてスッキリせず、クライマックスも悪い奴をやっつけてハッピーエンドと言うわけではなく、後味が悪い。 

基本的にバイオレンスとか殺戮シーンが多い小説や映画は嫌。この作品で何が言いたかったんだろう、何を表現したかったんだろうと思う。残念…でも、放棄したくなる内容ではなく、先が気になって仕方がなかったのは、さすが。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク