BookBook Blog

0

「天使」佐藤 亜紀

天使 (文春文庫)
佐藤 亜紀
4167647036前回、この作品を読んだのは2年前(その時の感想)。佐藤亜紀さん2冊目だった。

最近、「雲雀」を読んで読み返したくなり再読。唸るってこういう事だ。最初に「天使」を読んだ時には気付かなかった事、「雲雀」を読んで知った人間関係などの繋がり、そういったものが一気に結びついて唸った。彼女の頭の中にある事の一部しか理解してないかもしれないけど、一気に視界が開けた感じ。

親子、義兄弟、恋人…そうか、そうか。
歴史の背景は難しいけど、最初よりは少し理解出来てきたので、それが人間関係とも結びついて来て、なるほど、なるほど。この伏線はここに繋がってたのか。無駄な描写が一つもないように思える。

表現の美しさもウットリする。性交シーンや戦闘シーン、人が死ぬ場面、夢を見ているかのような幻惑的なイメージ。
この人の素晴らしさが分かる人が身近にいないのが残念だ。

彼女の作品を何冊か読んできたけど、この「天使」と「雲雀」は一番。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/404-52a9f083