古本

子供の頃から古本屋が好き。古着は苦手だけど、古本の匂いや汚れは気にならない、むしろ好き。うちにある本の80パーセントくらいは古本だと思う。自分が読みたい本が本屋に置いてないので、古本屋や古本市で宝物を探すように見て回るのが好きだった。

時が立ち、わざわざ本屋、古本屋に行かなくてもネットでピンポイントで欲しい本が買えるようになった。良く利用しているのはアマゾンの古本屋。複数の出品者の中から好きな状態の本が選べるのがいい。汚くても全然平気だけど、「良い」くらいのものを選ぶ。本の値段が1円だと送料の方が高くなるけど(笑)

先日、何冊かアマゾンで購入。2冊以上買うと1冊分の送料が返金されると言うお店があり2冊購入。どういう返金の仕方なのかと思ったら、アマゾンのギフト券で返金分が届いた。

そして商品が届いてビックリ!過剰かと思えるくらいの梱包。そして本に薄紙が巻かれていた。本の手入れもきちんとしていた。色々な古本屋で本を買ってるけど、ここまでしているところはなかなかないと思う。

でも希少価値のある本ならともかく、1冊何百円の本にそこまでするのは本来は必要ないと思う。包装代だって数がかさめばバカにならないだろうし。本に対する愛情なのかなぁ~と勝手に思って嬉しくなった。欲しい本があればまた利用したい。


自宅にある古本がこれ以上痛まないようにグラシン紙をかけてる。BIBLIOPHILICで販売している。以前はアマゾンでも枚数が少ないのを取り扱ってたんだけど。店舗でも購入できる。
http://diskunion.net/bibliophilic/ct/detail/BIB-GCB-150

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク