「草の花」福永 武彦

草の花 (新潮文庫)
福永 武彦
410111501X本好きのお友達に借りた一冊。
美しい物語と言っていたが、私としては暗くて全体的に灰色がかった陰鬱な小説と感じた。でも全体の構成とかテーマは興味深かった。

昭和20~30年くらいの設定?サナトリウムって死を待つ人たちの薄暗い場所って感じ。今もあるのかな。当時にしてはかなり衝撃的?な同性愛。藤木に惚れる汐見は本人はそうじゃない、友情だ!ってことなんだろうけど、想いが伝わらない苦悩とか周りの友人たちの距離感とか少し切ない。

うちは両親がクリスチャンなので、宗教と恋愛も興味深く、千枝子の気持ちも分からなくもない。

若い頃に読んでいたら、もっと違った感じ方をしたかもしれない。
自分では絶対チョイスしないので、勧めてもらって読むのも世界が広がって楽しい。

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク