「夏への扉」ロバート・A. ハインライン

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)
ロバート・A. ハインライン Robert A. Heinlein
415011742X昔のSF読んでたら、これが急に読みたくなって再読。何年ぶりだろう。内容もウル覚え。

主人公のダンが騙されて可愛そう過ぎてピートが可愛くて。タイムマシンと冷凍睡眠を使ったタイムパラドックス!混乱した~。同じ時間には同時に存在出来ないので、もう一人の自分の存在が…ってどこかでと思ったらヴォークトの短編だったかな。

テンポも良く意外とシンプルで、古き良き…でも今読んでも色褪せない名作。ワクワクハラハラさせられて、自然とページを捲る手も早くなる。SFでこんなホンワカするハッピーエンドもなかなか無い。

SF読み始めた高校生の頃から20代前半くらいかな。ハインラインにハマって古本で集めた。ほとんど売ってしまって、残ってるのは本書と「月は無慈悲な夜の女王」だけ。これも読みたいな。「宇宙の戦士」「輪廻の蛇」短編集も面白かったな~。また読みたいな。

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク