BookBook Blog

0

「TAP」グレッグ・イーガン

TAP (河出文庫)
グレッグ・イーガン 山岸真
B01HBBAGL8イーガンの短編集は読みやすくて好きなので、内容確認せずに購入した。
読んだことあるのが多いなぁ…でもまぁ面白い。

レビューを書こうと調べものしてたところ、既に発売されていたソフトカバーの文庫化されたものだと知った(遅いw)。読んでるはずだ。しかも収録作も全く一緒。

当時読んだ時のレビュー
http://bookbookman.blog20.fc2.com/blog-entry-138.html

お気に入りも今回と一緒。
「銀炎」と「TAP」。さすが私(笑)。
でも前回読んだのが9年前。再読という事でいいかな。

初期の頃の作品が多く、SFと言うよりもモダンホラー?とか、今のイーガンと比べるとらしくないように感じたりもする。イーガンの短編って読みやすくて ほんわかするような作品もあるけど、これは後味があまり良くはない。

昔の長編も再読チャレンジしてみようかな。


「新・口笛テスト」
「視覚」
「ユージーン」
「悪魔の移住」
「散骨」
「銀炎」
「自警団」
「要塞」
「森の奥」
「TAP」

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/448-81e657d3