BookBook Blog

0

「ディファレンス・エンジン」ウィリアム・ギブスン、ブルース・スターリング

ディファレンス・エンジン
ウィリアム・ギブスン ブルース・スターリング
4047911917正直、ウィリアム・ギブスンの名前だけで購入したので、"SF"を期待しており、読み始めた頃はガッカリと言うか、訳が分からず戸惑った。

19世紀のロンドンが舞台。
歴史にも疎い為、どこまでが実在する人物で歴史であるのかも判別出来ず。その時代のイメージもうまく出来ない。
蒸気機関計算機??蒸気映像(キノトロープ)?? どんな代物なんだろうか???

しかし、非常に読みにくく感じたのは最初だけ。
章ごとに物語が独立しているのかと思いきや、登場人物がリンクしてきて、後半ではバラバラだった破片が少しつづ繋がってゆく。
スリリングで、謎解きの要素もあり、「あ、ギブスンだ。」と最後に納得。日本贔屓の彼らしく、日本人も登場する。

でも難解である事には変わりなく、また読み直してみたい。当時の歴史を勉強したら、さらに楽しめるのかも知れない。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/45-e77db23c