BookBook Blog

0

「タウ・ゼロ」ポール アンダースン

タウ・ゼロ (創元SF文庫)
ポール アンダースン Poul Anderson
4488638058去年読み終わってるのに更新するのをスッカリ忘れていた。

スケールが大きすぎて口あんぐりなハードSF。小松左京の小説に似たような感覚になった作品があったなぁ。寒くて暗い宇宙に一人で漂ってるんだけど、心細さよりも得体のしれない満足感にニンマリしている感じ。

事故で減速できなくなってしまった高速宇宙船がどんどん加速して銀河系飛び越えてしまう。地球に残してきた知り合いはとうの昔に死んでいる。もう地球もなくなっているだろう…。想像し難いよなぁ。

50人の男女の人間関係もなかなか面白い。でも人が多すぎて誰が誰とくっついたり離れたりが分かりにくいところもあった。結局、狭い空間に長いこといると精神的に崩壊しそうになったり、人間関係がもつれたり当然あるんだろうな。

恒星間旅行が出来るようになるにはどれくらいかかるんだろうか。せめて宇宙から地球を死ぬまでに見れたらいいなぁ。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/457-d34c1afb