BookBook Blog

8

小松左京原作コミック集

小松左京原作コミック集

「日本沈没」の映画公開が間近に迫っていますが、映画以外でも小松左京原作の漫画があります。
少し前に購入してパラパラ見たんだけど、改めて読んで見ました。


「くだんのはは」石ノ森章太郎
「一万年の目覚め」さいとう・たかを
「牙の時代」佐多みさき
「やせがまんの系譜」牧美也子
「模型の時代」松本零士
「時間エージェント」モンキー・パンチ
「日本アパッチ族」やなせたかし
「プータロー2013年」山下たつひこ

8人の漫画家により書かれたものが収録されています。
書かれた年代が古いものもあるけれど、いいものはいつの時代でもいい と実感します。

「くだんのはは」は原作も大好きで、何度も読んでいる作品。大好きな漫画家の石ノ森先生が書かれており、原作を読んだ時のイメージが壊される事なく丁寧に書かれているので、ますます好きな作品になりました。
「時間エージェント」は原作を読んだ方なら分かると思いますが、バタバタした感じやちょっぴりエロティックな部分など、モンキー・パンチは適任!もっとこのシリーズ、読みたいと思った。

まだ他にも漫画化されたものがあるので、是非第二段も出して欲しい。
また、映画や漫画が小松先生の事を知るきっかけになって、多くの人に原作にふれて欲しいですね。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

8 Comments

mari says...""
佐田晶さん
こちらでははじめましてデス。コメントありがとうございます!

「日本ふるさと沈没」面白そうですね!ちょっと調べて見たら、好きな漫画家さんが結構いるので、さっそく購入してみようと思ってます。情報ありがとうございます!

>やたら遅いコメントですみません。
更新も気が向いた時にしかしてないので(苦)コメントも興味がある本を見つけた時に下さると嬉しいです。
2006.09.07 13:03 | URL | #B9A5zm5U [edit]
佐田晶 says...""
こんにちは。
やたら遅いコメントですみません。
私は今回「日本ふるさと沈没」という小松さん公認のアンソロジー本買いました。
参加しているのは、鶴田謙二、あさりよしとお、遠藤浩輝、トニーたけざき、いしいひさいち、その他諸々です。
アンソロジーですので内容はそれぞれなんですけどね・・・
2006.09.07 12:24 | URL | #- [edit]
mari says...""
留岡さん
小松左京ブーム、いいですねぇ。「日本沈没」だけで終わる事なく、いろいろ続いて欲しい。

ヤッタラン・・・ぽっちゃりしててメガネの人ですよね。手塚治虫もそうだけど、定番のキャラを探したり楽しむのもいいですよね。
2006.07.14 00:46 | URL | #B9A5zm5U [edit]
留岡浩太郎 says...""
最近の作家さんで描くという企画が持ち上がるのは、難しいでしょうね。

もし、

「日本沈没」が大成功!(興行的にも他が超えられないような形で。)
 ↓
「復活の日」が、再び、映画化。(以前のように、各国の有名スターを選出。)
 ↓
小松先生の作品がブームになり・・

とかなら、漫画化しそうですが。


あぁ。でも、ヤッタランが見たかった・・

ほら、「ハーロック」とかで、アルカディア号に乗ってる船員の一人ですよ。

大山出るんなら、ヤッタラン(もしくは、先祖)が出ても・・

ま、大山一族とハーロックの一族と星野一族とバンの一族は、松本の定番ですから、これは、外せませんね。
2006.07.13 19:14 | URL | #- [edit]
mari says...""
留岡さん
お久しぶりです。留岡さんも持ってるんですね!
どの作品も原作の良さをウマく生かしているし、漫画家さんの個性も出ていて、素晴らしいですよね。

>本が出されたのが最近でも、漫画自体は、昔、載せられたものを再収録していることが
そうです!そういう意味で書きたかったんですが、言葉が足りなかったです。昔かかれたものだけど、いいですよ、と。

映画ももうすぐ公開なので楽しみです。
2006.07.13 14:33 | URL | #B9A5zm5U [edit]
留岡浩太郎 says...""
お久しぶりです。

僕も、これ持ってます。(小松先生のホームページで知りました。)

終わり方がいいなと思ったのは、
「くだんのはは」
「一万年の目覚め」
「牙の時代」
「やせがまんの系譜」
でした。

もちろん、他の作品もすばらしいですし、好きな漫画家さんばかりなので、どれも好きなのですが。

やはり、石ノ森先生は、天才ですね。
(絵柄が古臭く感じるとのことですが、これは、本が出されたのが最近でも、漫画自体は、昔、載せられたものを再収録していることが、一因ではないでしょうか?)

ただ、欲を言えば、「模型の時代」には、ヤッタラン(新谷先生がモデルのキャラ)にも出てほしかったというのがあります。
2006.07.13 11:03 | URL | #fFboiKsQ [edit]
mari says...""
west32さん
小松先生、日経で連載してますね~。日経とってて良かった!と初めて思いました(笑)毎日楽しみにしてます。

このコミック集、原作自体も書かれたのが古いし、漫画も絵柄が古臭く感じるかもしれません。まぁ、それが味があっていいのかな。

若い漫画家さんにも書いて欲しいなぁ~。
2006.07.09 22:40 | URL | #B9A5zm5U [edit]
west32 says...""
小松左京さんは現在日経新聞「私の履歴書」に連載されていますね。うん、久々に小松さんの本を読みたくなりました。
ちなみに、アマゾンでみるとこの漫画はそれほど古くなく2003年の出版ですね、手に入るかもしれないです、探します
2006.07.09 00:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/46-726f7618