「果つる底なき」池井戸 潤

果つる底なき (講談社文庫)
池井戸 潤
4062731797ベストセラーとか日本のミステリーって興味がないんだけど(海外ミステリーは好き)、知人に貸してもらったので読んでみた。

銀行の専門用語とか難しい単語はあったけど、読みやすいので一気に読んでしまった。犯人捜しとか先が気になるのはぐんぐん読めてしまう。

でも人が死に過ぎ…。
土曜ワイド劇場みたいな男と女、お金、ちょっとホロリみたいな薄っぺらい感じがした。
人に借りて読むには面白いけど、自分で購入はしないかな~

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『果つる底なき』

池井戸潤 『果つる底なき』(講談社文庫)、読了。 銀行の融資先とのトラブルを巡る死。 事故死なのか、他殺なのか。 同僚の銀行員が真相を探る・・・・・てな感じでしょうか。 銀行業務の根幹である融資と回収について扱っているので、 金融モノが好きな私にとっては、面白かったです。 ただ、死の真相については、 「そんな動機で、そんな立場の人が、人を殺すかいな?」というのが ...

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク