「悲しみのイレーヌ」ピエール・ルメートル

悲しみのイレーヌ (文春文庫)
ピエール・ルメートル 橘明美
B015SGOBGO以前、友人に勧められてピエール・ルメートルの「その女アレックス」を読んだ。グロいシーンやバイオレンスは好きじゃないので嫌だなぁ~と思う部分もあったし、ベストセラーや人気本も苦手。でも、それを凌駕する面白さやどんでん返し、読後に沁みる余韻があり他の作品も読んでみたいと思っていた。

「悲しみのイレーヌ」は「その女アレックス」よりも本来は先に読んだ方が良い。ネタバレする部分もあるから。と言ってもタイトルを見ればイレーヌに何かある…と分かってしまうけどね。このタイトルはどうかと思うよねぇ。

主人公のカミーユ警部の奥さん・イレーヌがいつ死ぬのか…って、読み始めると気づいてしまう。
それはまぁ置いておいて…
犯人にも驚いたが、後半の仕掛けはすぐに気づかなくてえ?え?って戸惑い、読み返してしまった。
海外ミステリーは詳しくないけど、好きな人には本物の作品も出てくるからたまらないんだろうな~と思う。

冒頭のグロいシーンは電車で読んでいて気持ち悪くなりそうだった。なるべく想像し過ぎないように…読んだが、最後は脳裏から離れなくて目を閉じるとそのシーンが目に浮かんで苦しかった。

残酷なグロい部分を我慢しても読む価値のある作品。キャラクターも個性的でドラマにしたら面白そう。
他の作品もまた読んでみようと思う。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク