BookBook Blog

0

「悲しみのイレーヌ」ピエール・ルメートル

悲しみのイレーヌ (文春文庫)
ピエール・ルメートル 橘明美
B015SGOBGO以前、友人に勧められてピエール・ルメートルの「その女アレックス」を読んだ。グロいシーンやバイオレンスは好きじゃないので嫌だなぁ~と思う部分もあったし、ベストセラーや人気本も苦手。でも、それを凌駕する面白さやどんでん返し、読後に沁みる余韻があり他の作品も読んでみたいと思っていた。

「悲しみのイレーヌ」は「その女アレックス」よりも本来は先に読んだ方が良い。ネタバレする部分もあるから。と言ってもタイトルを見ればイレーヌに何かある…と分かってしまうけどね。このタイトルはどうかと思うよねぇ。

主人公のカミーユ警部の奥さん・イレーヌがいつ死ぬのか…って、読み始めると気づいてしまう。
それはまぁ置いておいて…
犯人にも驚いたが、後半の仕掛けはすぐに気づかなくてえ?え?って戸惑い、読み返してしまった。
海外ミステリーは詳しくないけど、好きな人には本物の作品も出てくるからたまらないんだろうな~と思う。

冒頭のグロいシーンは電車で読んでいて気持ち悪くなりそうだった。なるべく想像し過ぎないように…読んだが、最後は脳裏から離れなくて目を閉じるとそのシーンが目に浮かんで苦しかった。

残酷なグロい部分を我慢しても読む価値のある作品。キャラクターも個性的でドラマにしたら面白そう。
他の作品もまた読んでみようと思う。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/463-e6bed657