「ぼくがいま、死について思うこと」椎名 誠

ぼくがいま、死について思うこと (新潮文庫)
椎名 誠
4101448396彼の死生観にも興味があり、久しぶりに椎名さんの本を読んだ。まず海外での葬儀の仕方が国によって違っており、火葬や土葬しか知らない私には衝撃的だった。鳥葬、風葬なんて遺体を鳥に食べさせたり、信じられないと思ってしまう。しかしその土地に住む人々にとっては昔から変わらない風習なのだ。

孫ができ、おじいちゃんになって健康について考えたり、ちょっと微笑ましい部分も。

20代の頃から彼の著書を読んでいるけど、いつか彼も死んでしまう。自分も死ぬ日が来る。若い頃は宇宙葬にして欲しいなんて言ってたけど、一人なのでお墓要らないし樹木葬にでもして欲しいな。


人に勧めたくなる1冊。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク