BookBook Blog

0

「約束の海」山崎豊子

山崎豊子さんの名前は知っていたけど、特に興味を持つこともなかった。借りる機会があってあらすじを見たら、潜水艦、自衛隊など興味深そうなワードが並んでいたため読み始めた。

海上自衛隊の潜水艦と釣り船が衝突し、多くの犠牲者が出る。マスコミの報道が過熱したり、自衛隊批判など…当然、あの事故を思い出した。同じように自衛隊の艦の操作ミスや我が物顔で海をゆくことへの批判など凄かった。次第に当日の様子が判明されるにつれて釣り船も…みたいな流れになっていったっけ。

その時は海上自衛隊の役割について(日本の海域を守っている)気にも留めなかった。私は自衛隊は必要だと思っているが実際に何をしてるのか良く知らないことが多い。深く考えさせられた。

主人公の父親が真珠湾攻撃の時に捕虜になり、太平洋戦争の「捕虜第1号」…というのも、実話を元にしているとのこと。興味が沸く。

未完の遺作と知らず読んでいたので、1部で終わってしまい続きが読めないのが非常に残念。巻末に今後のプロットなどが載せられていたが、完成した作品を読みたかったなぁ。

しかし、これで山崎豊子さんに興味が沸き、他の作品も読んでみたいと思った。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/469-cdb9c767