BookBook Blog

0

「仇敵」池井戸 潤

仇敵 (実業之日本社文庫)
池井戸 潤
4408552844「果つる底なき」に続いて2冊目の池井戸 潤。銀行を舞台にした連作短編。キャラクターも面白いし、ストーリーも分かりやすい。サクサク読めてしまう。

でも事件が良く起きるよね~って感じだし、深みを感じないし、一度読んだら再読はしない。
人に借りれば読むけど、自分で買って読むものではない。
エンターテイメントミステリーだね。

いい意味で、気楽に読める1冊。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/472-36263e03