BookBook Blog

0

「火星転移」グレッグ ベア



火星転移〈上〉
(ハヤカワ文庫SF)

グレッグ ベア
4150111871
火星転移〈下〉
(ハヤカワ文庫SF)

グレッグ ベア
415011188X

火星舞台にしたSFを読もうと、何年ぶりだろう~「火星転移」再読。
今読んでもグレッグ・ベアは色褪せないな。内容は全然覚えてなくて、タイトルの意味も忘れてたので新鮮に読めた。
上下巻の帯に書いてある言葉の通りだった。

政治的な話しも宇宙が舞台になると大変だ。女性が主人公なのはイラつく部分もあるけど…女性は感情に動かされることもあるからね、でも共感できるし、最後は苦労した彼女をいたわってあげたくなった。

アイディアは突拍子もないように思えるけど、実際はどうなんだろう?実現できる可能性ってあるのだろうか。

火星に住める日は来るのかなぁ。でも地下生活は嫌だな~

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/476-71fe07b4