「一死、大罪を謝す 陸軍大臣阿南惟幾」角田 房子

一死、大罪を謝す 陸軍大臣阿南惟幾 (ちくま文庫)
角田 房子
4480432523太平洋戦争末期、終戦に向けての数日間を知る中で、阿南さんに興味が沸き 手にした1冊。

最後の陸軍大臣。終戦に最後まで反対していたが、最後は切腹により自決。
なぜ終戦に反対していたのか、なぜ自決したのか。

終戦に反対していたのは、ただ反対していた訳ではなく国体護持の確約を再度確認して欲しいとか、本土決戦なら勝機があるとか理由もあった。その裏には終戦が発表されて軍人さんたちが暴走しないようにとの配慮があったらしい。自決することで責任を取ったということらしい。らしいというのは、彼は何も残してないから。

そうか「腹芸」だったのか。と理解すると筋が通る事が多い。

著者は女性。
ただ憶測で彼の人物像に迫っているわけではなく、膨大な資料を基に検証している。もちろん欠点などにも触れている。司令官としては才能があったわけではないが、愛すべき人物で家族も大事にしている父親だった。

後半のポツダム宣言を受諾するしないの流れや、玉音盤を奪うためのクーデター「宮城事件」、阿南さんの自決まで映像が目に浮かぶような流れに引き込まれた。玉音盤を奪うためのクーデター未遂事件って、玉音盤に拘ってのことではなかったのかな?と今回初めて思った。もう少し色々な角度から知りたい。

色々な方たちの働きがあって、今の日本の平和があるのだと改めて感じた。

著者の角田房子氏、非常に読みやすく公平であるように努めているように感じられた。出版されている書物を調べたら、興味深い人物の評伝を多く書かれている。リストイン。


毎年夏の間に太平洋戦争関連の本を読むようになったが、興味を持ち始めると読みたい本がどんどん増えていく。季節関係なく飽きるまで読もうかと思っている。もっと知りたい。

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク