「高い城の男」フィリップ・K.ディック

高い城の男 (1984年) (ハヤカワ文庫―SF)
フィリップ・K.ディック 浅倉 久志
B000J745ICamazonプライムで「高い城の男」を見て、原作を読みなおしたくなった。新装版も出てるけど、やっぱり早川SFのこの表紙。

ディック原作の映像化はクソみたいな作品もあるので、あまり期待せずに見始めたんだけど、世界観や登場人物の設定などが素晴らしく、夢中になってシーズン1、2と見てしまった。日本人役が日本人ではないアジア人で日本語がたどたどしいのは残念だった。原作を大事にしながらひねりあげている脚本やお金かけてるセットは素晴らしいかった。

で、原作が気になる。
どの辺が原作通りなのか、ラストはどうだったっけ?と思い出しながら読んでたんだけど、どうも映像化されたキャラの顔がちらついてしまう。

原作のイメージとして ずっと記憶に残ってたのがチルダンや田上氏の苦悩で、映像でもそれは上手く出ていたと思う。読み返してみてそのあたりも記憶の通り。後半のジュリアナとジョーのやり取りはディックらしい狂気。ホテルのシーンは最高。ジュリアナの破天荒さは苦しくなるが痛快でもある。原作のジュリアナの方が好きだな。

シーズン3は来年公開されるそうだ。
他の原作も映像化されるといいなぁ。

テーマ : SF小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク