BookBook Blog

2

「アルベマス」フィリップ・K・ディック

アルベマス
フィリップ・K. ディック Philip K. Dick 大瀧 啓裕
4488696139

「フィリップ・K・ディック 我が生涯の弁明」「ヴァリス」「聖なる侵入」に続き「アルベマス」を再読した。10年ぶり。当時の感想を書きとめてあったノートを読んだところ「ディックの宗教感が理解出来ない。ヴァリスの原型になった小説と言うので難しいと思ったが、読みやすかった。」などと書かれていた。

確かに、既に関連している3冊を読んでいる事もあるけれど、ディックの神秘体験以前の"SF"寄りで、宗教色も薄く"小説"として楽しむ事が出来たように思う。
最初に挙げた3冊と似通っている描写や、ディックの体験に基づく部分が書き込まれていたり、改めてディックの体験した事がディックにとって重要な事で、それを表現する為に多くの時間と言葉が必要であった事が分かる。

ディックは大好きなのに、「ヴァリス」「聖なる侵入」がちっとも面白さが分からず、挫折した経緯があるので、10年前には理解出来なかった事が、ようやく私の中で解決し、受け止める事が出来るようになった。

内容としては突っ込みたくなるような部分もあるけれど、ラストがいい。
懲役50年の刑にされてしまい、労働治療と言う肉体労働をするはめになったフィルが、作業場でレオンと言う男と語り合うシーン。未来に繋がる希望を見い出す事ができる。ディックの後期の小説は、作中ではハッピーエンドではないけれど、次に繋がる希望が残されているものが多い気がする。

今までも一番好きな作家であったけれど、彼の事をさらに知る事でますます好きになった。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

mari says...""
マル季さん
コメント&トラバありがとうございます。
スイマセン(>_<) そうですね。オースター好きとか言って、全然書いてないですね・・・。
オースターは出版されている文庫はほとんど読んだんですが、このブログにUPしているのは「今読み終わった本」がほとんどなので、オースターはノータッチでした。

ディックとオースター。
私の思う共通項は、異世界へのトリップかな。
2006.08.18 20:02 | URL | #B9A5zm5U [edit]
マル季 says...""
TBさせていただきました。
オースターもお好きでいらっしゃるようですが、オースターの項目が無いようなので、ディックの項に。

この二人は、娯楽小説と純文学小説の融合、みたいなことを試みたところが、共通すると思います。
2006.08.18 17:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/51-618573d6
オースター ”自分探し”する探偵
ヒョーツバーグというミステリー作家の「堕ちる天使」が原作の映画「エンゼルハート」というのがあった。アラン・パーカー監督で、ミッキー・ローク主演、デ・ニーロ助演だった。いかにもハードボイルド的な探偵が、デ・ニーロから依頼されてある男(ロック・ミュージシャン