「燃えつきた地図」安部公房

燃えつきた地図
安部 公房
4101121141失踪した夫の調査を依頼された主人公の探偵が、調査を進めていくも手がかりも少なく、少ない手がかりも次々を消えてゆく。
一見、推理小説のようで、大きな謎でも隠れているのかと思いきや、そうでもなかったり、証人が死んでしまったり。次第に、自分自身が何者なのか、何をしているのか見失ってゆく・・・。


不条理で出口のない迷路をグルグルと廻っているかのような、そう、まさに地図が燃えつきて迷子になってしまったかのような世界。
外との繋がりが曖昧になって、”自分”の存在が溶けだす感覚。

何冊か安部公房の作品を読んできたが、寒さを感じる孤独感のあるこの作品、結構好き。
でも、スッキリと整理されたものを求める人にはお勧めできないかも。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク