「虹の天象儀」 瀬名秀明

虹の天象儀 (祥伝社文庫)
瀬名 秀明
4396328842偶然だが、先日読んだいしいしんじさんの「プラネタリウムのふたご」に続いて、プラネタリウムの物語を手にした。

実在した東京・渋谷の五島プラネタリウムが閉館した後、1人の少年が現れ、主人公が過去へタイムスリップする・・・物語。

瀬名さんの描くSFは、温かくて、優しい。希望を感じ、未来を期待する気持ちになる。タイトルもイメージが増幅するような素敵なタイトル。

「思いが残る」
自分の存在が消えても、思いが残る。素敵な表現だ。
子供の頃、夜空の星を見上げた時に「あの星は何百年前に生きていた人も見た同じ星だろうか。」と思った事がある。目に見えない何かが訴えてくるように感じた。
私が消えても、私の思いを受け止めてくれる誰かがいるのだろうか。

読み終えた後、夜空を見上げ、静かに佇み、願い事をしたくなる。


プラネタリウムの投影機なんて、全く興味がなかったけれど、この小説に登場するカール・ツァイス製のプラネタリウム投影機は、繊細で精密で美しい。プラネタリウムへ行く機会があったら、是非投影機をチェックしてみたい。

テーマ : **本の紹介**
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク