「二十八光年の希望」辻仁成

二十八光年の希望
辻 仁成
4087460886 普段、恋愛小説は読まないけれど、辻さんだけは特別。彼の描く恋愛小説は痛くて美しい。


「三つ星シェフ」を夢見てパリのレストランで働くハナ。そのレストランの総料理長のジェローム。恋に落ちた2人は幸せな日々を過ごし、三ツ星獲得を目指して共にレストランで頑張るが、ハナが突然、SEDS(感覚・感情不全症候群)と言う病気に侵される。
不幸とも思える出来事が続くが・・・。


何度も食べた事があるわけではないけれど、フランス料理って好き。料理の描写にヨダレが出そう(笑)。
ハナの、太陽のような明るさのあるとびきりの笑顔、挫けない前向きな姿勢、努力を惜しまない姿に、ハナのファンになってしまう。だからこそラストが気になったが、不幸な悲しい物語ではなく、キラキラと輝く光の渦のような温かさを感じた。

恋愛小説としてだけではなく、料理人の物語としても読む事が出来る。
元のタイトルは「いまこの瞬間 愛しているということ」で、これもピッタリだが、改題されたタイトルの方が私は好きかも。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク