BookBook Blog

-

「最後の物たちの国で」ポール・オースター

最後の物たちの国で
ポール・オースター 柴田 元幸 Paul Auster
4560071314未来でも過去でもなく(少なくともオースター本人は未来でないと言っている)、どことも知れぬ街へ、行方不明の兄を探して辿り着いたアンナ。

その街での暮らしぶりを手紙形式で綴ってゆく。
崩壊し、死が充満している場所。生きてゆく為にはゴミ漁りをしたり、強奪したり、自分の資産を売ってお金にするしかない。しかも、物資も食料も不足している酷い有様だ。
しかし、そんな中で絶望しつつも、生き生きとしているアンナがいるお陰で、陰鬱さが薄れているように感じた。

この小説はオースターっぽくない、と言う声も聞くが、私は実にオースターらしいと思う。現実味があるにも関わらず、寓話的な不思議な雰囲気に包まれており、情景がリアルに目に浮かぶのに、とても遠いモヤっとした場所で起きている物語に思える。

今まで文庫化されたオースター作品はほとんど読んだけれど、私にとって現代の作家でどの作品もハズレのない作家はオースター以外にいない。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。