「カンガルー・ノート」安部公房

カンガルー・ノート
他人の夢の中に入り込んだような、覗きこんできるような、夢のような物語。
タイトルのカンガルーノートも意味がないようで、あるような。
脛からかいわれ大根が生えてくるって気持ちの悪い病気?の治療の為に病院を訪れたものの、ベットが自動操縦で動き出して地獄らしき場所へ向かう…。

安部公房と言えば「砂の女」や「箱男」が良く知られていると思うけど、それよりもワクワクするバカバカしさやユーモアにあふれていて、別世界へトリップ出来る本著のような作品が好きだ。
これは今まで読んだ安部公房の作品の中で1番のお気に入りになった。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク