「密会」安部公房

密会
以前読んだ「燃えつきた地図」みたいに、行方不明になった妻を捜すんだけど、現実とは思えないようなありえない生き物(馬人間)とか溶骨症って骨が溶けちゃう子とか出きたり、病院なのに病院内で盗聴したりしてるし、ありえないハチャメチャさ。

でもこの日常の中の非日常感がたまらない。
カフカの理不尽さとはまた違った滑稽さがある。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク