BookBook Blog

0

「密会」安部公房

密会
以前読んだ「燃えつきた地図」みたいに、行方不明になった妻を捜すんだけど、現実とは思えないようなありえない生き物(馬人間)とか溶骨症って骨が溶けちゃう子とか出きたり、病院なのに病院内で盗聴したりしてるし、ありえないハチャメチャさ。

でもこの日常の中の非日常感がたまらない。
カフカの理不尽さとはまた違った滑稽さがある。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/80-ae10fbe7