BookBook Blog

0

「いつか、一緒にパリに行こう―パリ・ライフ・ブック」辻仁成

いつか、一緒にパリに行こう―パリ・ライフ・ブック (光文社文庫)
辻 仁成
4334742823パリに住む辻さんが、ガイドブックとは違った視点でパリを案内してくれるエッセイ。
こんなにくだけた口調で語る辻さんのエッセイを読むのは初めて…かな?
旅行でヨーロッパに行ってみたいとは思うけれど、「パリに行きたい!!!」と強く思っていたわけではなく、フランス料理は好きだけど(苦)特別な感情を思っている国ではなかった。

お勧めのお店や、パリの歩き方、生活について、辻さんの体験談が多く語られ、カッコいい部分だけじゃなく、海外で暮らす事の苦労や、生活習慣の違いなども知る事が出来る。辻さんに案内されるパリは、海外苦手な私でも何とかなりそう?って励まされるような感じ。いつかヨーロッパ方面に旅行に行く事があったら、必ずパリに!そして、この本をカバンに詰めて行きたいな。

私の中で、小説家の辻仁成(つじひとなり)は、近づきがたくクールなイメージなんだけど、そうだ!音楽やってた辻仁成(つじじんせい)は、情熱的でおしゃべりで楽しい人じゃん!って事を、これ読んで思い出した。久しぶりにECHOESの曲聴きたくなってきたなぁ~。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/87-56418fd0