「ずんが島漂流記」椎名 誠

ずんが島漂流記 (文春文庫)
椎名 誠
4167334178椎名さんがお祖父さんから聞いた話を元にした冒険小説。
3人の子供たちが島から飛び出して船で旅をする物語。無人島での暮らしや見知らぬ島での人々との触れ合い。穏やかでワクワクドキドキ感もあり、読んでいて爽快だった。

椎名さん特有の不思議な食べ物や動物の表現、細かな小道具まで目に浮かぶよう。今は何でも手に入ってしまうし、どこへでも行かれてしまうけれど、先に何があるか分らず手探りで進み、自分たちで必要なものを作り出す想像力は失われつつあると思う。だからこそ自分に出来ない冒険に憧れるのかも。

それにしても、お祖父さんの体験はどこからどこまでなんだろうな~。

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク