「ハリー・オーガスト、15回目の人生」クレア・ノース

ハリー・オーガスト、15回目の人生
前世の記憶を持ったまま何度も生まれ変わり、人生を繰り返すハリー・オーガストの物語。いわゆるループものだ。

繰り返す人生の中で同じ体質を持つ仲間と出会ったり、色々な経験をして知識を高め人生を謳歌している。仲間たちは世界中におり、組織化したクロノス・クラブとして活動している。歴史を改変しないように見張ったり、生まれてくる同類たちを支援している。一方でクロノス・クラブに属さず、自分の欲求に従って行動している者もいる。

何度目かの人生で世界の終りが早まっていることを知り、元凶を探り始めるハリー。その元凶は宿敵となるヴィンセント。過去の人生で友情を育み、濃密な関係を築いたことのある男だった。

後半は、この世の全ての謎を解明できる「量子ミラー」の開発に執念を燃やすヴィンセントと、それを阻止しようとするハリーの戦いとなっていく。

ハリーに対するヴィンセントへの歪んだ愛情。これが狂気じみているのに笑っちゃうような滑稽さがあって、何だか可愛らしく思えてしまうのだ。ホモなんじゃないか?と噂が出るほどいつも一緒。ハリーのことが大好き!だけど、君のためを思って殺すよ、記憶を消去するよ!僕の邪魔をしないでくれ!。それに対してハリーは苦悩しながらも冷静に策を練っていく。

ラストは切なく美しく、壮大なスケールになった物語を上手くまとめたな~と作者の手腕に感服した。


人生の一時期を繰り返す訳ではなく、生まれるところから死ぬまでを何度も繰り返す。何百歳も生きてきた知識があるのに、体は子供で過ごさなくてはいけない時期もある。死ぬ時の苦痛も覚えている。何度も何度も繰り返す人生。幸せかなぁ。あの頃に戻ってやり直したいな~と思うこともあるけど、私は一度の人生でもいいかな。

著者は別の名義で作品を出しているそうだが、クレア・ノースでは出してないのかな?と調べたら、近々新刊が出る!チェックしておこう!

テーマ : SF小説
ジャンル : 本・雑誌

「母なる凪と父なる時化」 辻仁成

母なる凪と父なる時化
高校一年生の僕は、学校でイジメにあい登校拒否をしていた。父親の天気で函館に転校し、自分と顔がそっくりなレイジと出会う。レイジは不良だったが、意気投合し、つるむようになる。密漁や喧嘩、お酒…青春の1ページ的な物語。

舞台が函館の為だろうか。何となく薄暗くて気が滅入るような話しだった。若い時は訳も分からないエネルギーが沸々としているのかな…特に男子は暴力とか性欲とかやり場のないものがあるかな。

「メイクを変えて輝く人生に変える!」大村 加須美

メイクを変えて輝く人生に変える!
著者の大村さんは2児の母。介護職を経てメイクのお仕事を始め現在活動されてる。世代的には一緒かな~(40代)。

若い頃はメイクするのが楽しかった時期もあるし、スッピンでも気にならなかった。30代後半くらいからかな…。寝不足や体調不良があると顔に不調が出るのが顕著になり、メイクがしっくりこないと思う事が増えた。

また、近頃はメイクしているのに「化粧してる?」「顔色悪いよ?」と言われることがあり、化粧が薄すぎるのかメイクのポイントがずれているのか…メイクを見直したいと思っていた。

この本はメイクのハウツーやレッスン本ではない。
家事や育児で忙しく、自分のことは後回し、メイクする時間なんてない!というママさんや、頑張ってメイクしても見てくれる人もいないし、私は最低限のメイクでいいわ…という諦めに入った女性の背中を押してくれる内容になっている。

たまにのデートや女子会などで頑張ってフルメークする日は、服装もちょっとオシャレになり、いつもより少し胸を張って自信を持って街を歩ける気がする!。でも翌日は「昨日は疲れた~。今日は手抜きにしよう。」と楽な方にいってしまうのだ。とほほ。

著者は毎日続ける事が大切だと言う。5分でも10分でも時間を作って継続する。そうすると女性としての自信も継続するというのだ。それは凄く分かる!。けど、なかなか実践するのは難しい…と言い訳(笑)。


人間、簡単には変われない。意識するようにして少しずつでも気になる部分を改善できればいいな。まずは土台のファンデーションをしっかり塗って、アイメークはきちんとするようにしよう!


内容は良かったのだが、残念に感じた点がいくつか。
娘さんが描かれたというイラストや、どこからかコピーしてきたと思われるグラフが何点が掲載されているのだが、モノクロで解像度が悪い。カラーを使うのが無理だとしても、もう少し綺麗な画像を使わないと、ビューティー系の本なのにガッカリしてしまう。あと、句読点が異常に多くて読みにくかった。

※「本が好き!」の献本でいただきました。
http://www.honzuki.jp/

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「グラスウールの城」 辻仁成

グラスウールの城
「グラスウールの城」と「ゴーストライター」の2編が収められている。

「グラスウールの城」は、レコード会社で働くディレクターの話し。長く勤めて会社にも貢献する実績を残してきたのに、ある日異動を言い渡される。落ち込んでいたところ、仕事で知り合った男と流氷鳴りの音を録りに行くことになるのだが…。音楽業界にいた辻さんならではの音についての物語だ。

「ゴーストライター」は、タレント本のゴーストライターをしていた男が離婚し、精神科に通っているのだか、締切が過ぎても書けず行き詰っていく。物語の最後でランニングに出かけるのだか、どこまでもどこまでも走り続ける。

両方とも新しい一歩を踏み出すのかな?と思うのだが、あまり明るさを感じないのはなぜだろう。このまま自殺してしまうのではないだろうか…とも感じてしまう薄暗さがある。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「スターシップ・イレヴン(上)(下)」

スターシップ・イレヴン(上)
スターシップ・イレヴン(下)
 SF好きを公言しているけれど、スペースオペラは好んで読むことが少ない。いつぶりだろう…もう古典SFくらいしか読んでないかも。最近のスペースオペラはどうなってるのかしら。作者のS・K・ダンストールは姉妹の合作ペンネームで、今作でデビューとのこと!


「ライン」という新しいエネルギー源が発見され、ラインを動力にして人類は超高速で銀河系を移動できるようになった。ラインを修理したり調整することの出来る者はラインズマン呼ばれており、主人公のイアンは数少ない優れた10のラインズマン。他のラインズマンと違って彼は歌いながらラインを修復する変わり者として扱われている。ちょっと頼りない弱気な青年。そんな彼が突如現れたエイリアン船を調査するため ランシア帝国の皇女ミシェルに強引に雇用契約を結ばされる。

ラインズマン同士の対立、政治勢力争いなどの中でラインの秘密やエイリアン船のことが明らかになっていく。

イアンのラインズマンとしての能力も開花され、ラインの意識が理解出来たり、ラインを通じて宇宙船を操作しちゃったりするのだ。何でも出来ちゃうズルい魔法みたいな能力なんだけど、歌い過ぎると声が出なくなっちゃう。万能ではない。

イアンがラインに歌う美しい歌声が耳に響いてくるような錯覚に陥る。ラインたちはイアンに歌ってもらうのが好きで、構って欲しがる可愛い奴ら。でもほどほどにしないと体に負担が大きい。頻繁に心臓発作で倒れたり具合悪くなっちゃうイアン。頑張れ!

劣等感の塊で、緊張したりストレスを感じると汗臭さが気になっちゃってフレッシャー(シャワー)を浴びたい浴びたいと言ってるイアン。そんな彼が居場所を見つけてラインズマンとしての地位を確立させていく姿は、思わず応援したくなってしまう。

そして敵味方問わずキャラが魅力的。敵役は「皆殺しにしろ!」なんてヒール全開で分かりやすいし、強くてカッコいい女性兵士を始め、皇女のミシェルなど女性が活躍しているのも痛快だ。


なんと3部作の続編があるとのこと!早く翻訳して欲しいな~。文庫本の上下巻で、1冊1000円はちょっと高いなぁ…と思っていたけど、続編が出たら読みたいから買っちゃうかも。最近、文庫本も高価になったな。

※「本が好き!」の献本でいただきました。
http://www.honzuki.jp/book/262950/review/201909/

テーマ : SF小説
ジャンル : 本・雑誌

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク